2010年01月25日

「国の責任大きい」=日航破綻で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は19日夕の記者会見で、日本航空が経営破綻(はたん)に至った原因について「国の責任も大きい」と指摘した。現役社員や退職者が年金減額に同意したにもかかわらず法的整理で決着したことについては「これだけの借金を抱え、本来ならば清算するような会社を直していくのだから(減額は)当然だ」と理解を求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ネット提言に関心=「まじめな提言多い」−鳩山首相(時事通信)
車輪の格納扉開く、ボンバル機が伊丹に引き返し(読売新聞)
名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
<鳩山首相>「石川議員が起訴されないことを望む」(毎日新聞)
<足利事件再審>菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
posted by uaka8yckha at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。